トップページ > 宮澤賢治・童話の主人公たち あいづ異人館バス

宮澤賢治・童話の主人公たち あいづ異人館バス

往年の路面電車を思わせるシルエットが印象的で、車内も異国情緒漂う洒落た造りになっています。

あいづ異人館バスにはそれぞれニックネームがついています。これらは宮澤賢治創作の童話に登場する名前で、宮澤賢治の版権管理をされている林風舎よりその使用を許可されています。

あいづ異人館バス

林風舎林風舎

 

あいづ異人館バス ゴーシュ(Gouseh)

ゴーシュという名前は、宮澤賢治の童話「セロ弾きのゴーシュ」に出てくる主人公ゴーシュがその由来です。

ゴーシュ

項 目 主な仕様
乗客定員 30名(立席含)貸切の場合
排気量 7120cc
燃 料 バイオディーゼル燃料
全 長 7790mm
全 幅 2300mm
全 高 3180mm

 

あいづ異人館バス オツベル(Ozbel)

オツベルという名前は、宮澤賢治の童話「オツベルと象」に出てくる主人公オツベルがその由来です。

オツベル

項 目 主な仕様
乗客定員 30名(立席含)貸切の場合
排気量 7120cc
燃 料 バイオディーゼル燃料
全 長 7790mm
全 幅 2300mm
全 高 3160mm

 

あいづ異人館バス マリヴロン(Marvelon)

マリヴロンという名前は、宮澤賢治の童話「マリヴロンと少女」に出てくる先生の名前が、その由来です。

マリヴロン

項 目 主な仕様
乗客定員 49名(立席含)貸切の場合
排気量 7960cc
燃 料 軽油
全 長 8650mm
全 幅 2300mm
全 高 3160mm